2011年07月14日

第12回…ジュディソング


前回、前々回と、菊花賞あたりまで楽しめる3歳馬を取り上げたけど、今回はまだデビューしてない、今週デビュー予定の2歳馬を取り上げようと思う。

ついに未出走馬にも手を出してみた。まだデビューしてない分走るかは知らんけど、どんな感じの馬になるのかを考えてみたい。


ジュディソング(父ダイワメジャー、母ジェネラスオプション、母父カドージェネルー、母母父プリンスサーボ)


宮厩舎の2歳の女の子。生産がダーレージャパン。

父は新種牡馬ダイワメジャー。ダイワメジャーは母父次第で距離をこなす血統構成だけど、この馬は母父がジュライカップを勝ったカドージェネルー。牝馬だし、短距離馬になるでしょうね。

カドージェネルーは2歳戦から走る産駒をよく出す。父もダイワメジャーだし、初戦から積極的に狙っていきたい血統。


母ジェネラスオプションは、半兄にG1フォレ賞やサセックスステークスを制して、マイルチャンピオンシップにも出走した、父ポリッシュプレゼデントのコートマスターピース。半姉にザフォニック産駒のメイビーフォーエヴァー。その仔に、先日中山新馬芝1200を快勝した、エクセルシオール(父エクシードアンドエクセル)がいる。


ジェネラルオプション、コートマスターピース、メイビーフォーエヴァー。みんなその父がマイラー。やや晩成の気がするポリッシュプレゼデントを父に持つコートマスターピースはやや完成が遅かったけど、ジェネラスオプションとメイビーフォーエヴァーは父が早熟のマイラー。タイプとしては似ている。

そこにノーザンダンサーの血が入った仕上がりの早いタイプの種牡馬を付けた、ということで、エクセルシオールとジュディソングはタイプ的には似ている。

ただ、ジュディオングにはサンデーの血が入ってるし、牝馬。ダンジグ系エクシードアンドエクセルの牡馬であるエクセルシオールよりは距離が持つはず。ジュディソングは、マイルまでっていうイメージ。


ジュディソングの血統表でもう一つ目につくのが、母ジェネラスオプションがYoung Generationの2×3という変わったクロスを持つというところ。

Young Generationは1.5流のマイラーといった感じの成績だけど、2歳G1であるミドルパークステークスで2着になってる。もはや化石と化した、今や珍しいハイペリオン直系の馬。そのクロスなんだから、これヨーロッパでもこんな馬いないはず。しかも2×3。相当厳しいクロスになってる。


ジュディソングの母系を見てみると、テューダーミンストレル、フェアウェイ、ファロス、ハンプトン、セントサイモン…大昔にヨーロッパで繁栄し、衰退した馬がザックザク。古き良きヨーロッパ血統ってやつね。こりゃ博物館に飾りたくなる血統表だな。セントサイモン4本、ハンプトン3本とか、今まで残ったのが不思議なくらいの系統。


そんなヨーロッパで紡がれた血統なのに異系と呼べる母系に、ハイペリオン直系という今や絶滅危惧種の種馬付けて誕生したのが、ジュディソングの母であるジェネラスオプション。


そのジェネラスオプションに、現代の主流血脈であるサンデー系とノーザンダンサー系を注入して誕生したのが、ジュディソング。

異系に主流血統を注入して活躍する、というパターンはドイツ血統の活躍を見れば分かる。スピード、スタミナ共に一段階レベルが上がる配合の可能性がある。


結論。一族みんな2歳時から走った短距離馬かマイラー。仕上がりの早い、コースを問わない1200から1600までが守備範囲。パワーも十分ある配合のため、急坂、道悪もいかにも良さそう。絶滅寸前の異系ぎっしり詰め込んだ母系に、サンデー×ノーザンダンサー系のダイワメジャーを注入した分、ある程度の爆発力を備えている可能性がある。とはいっても活力に欠ける点がある為、良くてG3あたりで一勝負ってところか。斬れる脚は欠く為、前前で押し切るのがベストのはず。Young Generationのクロスがどう出るか…といった感じでしょうかね。



また長く書いてしまった…まだデビューしてないわけで、デビュー戦で走らなくても悪しからず。


次回、第13回は…たまにはある程度名のある馬を取り上げようかな。次回は先日ラジオNIKKEI賞勝ったフレールジャックでいってみよう。
【関連する記事】
posted by ふみお。 at 05:48| Comment(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

第11回…オーシャンブルー


前回はシルクレイノルズを取り上げてみたけど、こういう素質のありそうな馬を探して、開花するまで追いかけ続けるのも、競馬の醍醐味の一つだと思う。

今回取り上げる馬も、まだ3歳。血統的に可能性を感じる。シルクレイノルズ同様、菊花賞で面白そう。

ということで、



オーシャンブルー(父ステイゴールド、母プアプー、母父ダッシングブレード、母母父ダンシングブレーヴ)


ついにプアプーからまともな馬が出てきた。

プアプーはドイツ血統。『Pライン』にあたる。プアプー自身はアメリカの芝2200mのG3で勝ってる。社台ファームが買ってきたドイツ血統。

最近アカテナンゴがはやってたけど、あっちとはまた別の系統のドイツ血統にあたる。


オーシャンブルーのここまでの4戦の成績と位置取り、上がり3ハロンのタイムを書くと、

2月5日小倉芝1800m6着…9⇒10⇒9⇒9…34.9
4月24日新潟芝2000m6着…11⇒10⇒8⇒9…35.6
5月15日京都芝2000m1着…13⇒11⇒9⇒3…34.9
7月9日京都芝2400m1着…2⇒2⇒2⇒2…33.9


ステイゴールドにドイツ血統を付けたパターンはレアケースのため、多少は気にしてた。だけど、デビュー戦と2戦目はそこそこな結果に。ステイゴールドということもあり、京都内回り替わりはプラスと判断してた3戦目で自分から動いていって初勝利。

この時点では自分から動いて長い脚を使う、持続力を生かすタイプだと思ってた。

それが先週の京都500万樟葉特別で、先行から上がり33.9秒の末脚使って勝利。この変わり方が、スイッチの入ったドイツ血統なのかなと。


まあ樟葉特別はちょっと特殊なレースで、レースラップが12.4-11.6-11.4-12.3-12.3-12.8-13.2-13.4-12.6-11.6-10.8-11.6。
前半1000mが1分ジャストだったけど、その後13秒が二つ続くようにラップが落ちて、そこからロングスパート勝負に。
ラップの落ちた場所から推測すると、坂の上ってるあたりでペースが落ちて、坂の下りを利用してのロングスパート勝負になった感じ。

これを2番手から押し切ったことは評価に値すると思う。タイムはラップを考えると悪くない。芝も荒れ気味で、力のいる芝っていうのもドイツ血統にはちょうどいい馬場だった。


血統的な話に戻ると、母プアプーが2200mの重賞を勝ってるけど、母父ダッシングブレードは2歳時に1400mのG1ナショナルステークスを勝ってる。ただ、ダッシングブレードは2400mのG1イタリア大賞典も勝ってて、距離の融通性があった。ドイツでリーディングサイアー獲ってるように、種牡馬としても成功してる。

ダッシングブレードは父系がシャーリーハイツ。ネヴァーベントのスタミナを受け継いだステイヤーがよく生まれる。父母父がフランス競馬史に残る名馬シーバードだし、相当なスタミナを持っているはず。
シャーリーハイツはバラ一族、シーバードはタニノギムレットに入っているように、この2頭は母系に入ると日本の芝に合う。


プアプーの母父、つまりオーシャンブルーの母母父はダンシングブレーヴ。欧州屈指の名馬。日本だとスピードを伝えるパターンもある。

そして、オーシャンブルーの母母母父がズルムー。前にベルレンケッテの回あたりで書いたように、ズルムーはアカテナンゴの父。エイシンフラッシュの母父父でもある。日本の高速芝に対応できる。
しかもズルムーのお母さんはテスコボーイの妹。日本に合うのはほぼ間違いないし、結果も出てる。


つまり、オーシャンブルーの母系はスタミナも相当あるし、高速芝に対応するスピード、そして数々の欧州の名馬を入れたことで底力を補強してあるということ。


更に言うと、オーシャンブルーの父はステイゴールド。

ステイゴールドの母ゴールデンサッシュは、名馬サッカーボーイの全妹。サッカーボーイ産駒と言えばナリタトップロード、ヒシミラクル。

つまり、俺は今年の菊花賞、この馬に期待しているのです。シルクレイノルズも菊で期待してるけど、オーシャンブルーは父ステイゴールドだから余計に期待したくなる。


スイッチも入ったみたいだし、サッカーボーイ、ステイゴールド、ドリームパスポートと、この一族は小柄なほうがよく走る。ドリームジャーニーもそうだった。
この馬は430キロ台半ば。まだまだ上に行けるはず。

今はまだ京都の坂を使って助走をつけてエンジン掛けるというドイツ血統らしいエンジンの掛かりが遅い弱点があるけど、今回の樟葉特別のようなヨーイドンに対応できたという点で、成長が感じられる。

血統表は成長力のある馬で固められているため、秋はもっと期待できるはず。距離が延びていいというのは、今回でよく分かった。


次は夏の小倉の芝2000あたりを使ってくるんだろうけど、淀みない流れになってくれることを期待。ロングスパート勝負なら1000万でも負けないはず。

そこを勝てば菊花賞の切符がぐっと近くなる。今年の世代でも十分勝負になると踏んでる。


結論。母系はスタミナ、スピード、底力、すべてを補強してる。ノーザンダンサーの5×5を隠し味にした底力に、サッカーボーイなどの距離への適応力、爆発力も補っている好配合馬。1戦ごとに成長力を示している分、秋にはもっと伸びる。条件戦で足踏みしなければ、菊花賞の穴で買える馬になるといった感じでしょうかね。



次回、第12回は何やっかな…とりあえず予定では、今週デビューするらしい2歳馬、ジュディソングあたりをやる予定。取り上げる馬、ついに未出走馬まで登場か…



posted by ふみお。 at 03:57| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

第10回…シルクレイノルズ


第10回、やっと二桁まできましたね。500万条件馬からクリーンまで、地味な馬を狙って取り上げたつもりです。

今回10回目も先週未勝利を突破したばかりのシルクレイノルズ。そんな感じでのんびりこれからも続けたいもんですね。



シルクレイノルズ(父スペシャルウィーク、母ウイングオブラック、母父ブライアンズタイム、母母父インザウイングス)

先週未勝利を勝ったけど、勝った臨戦過程がいかにもこの血統らしいということで取り上げたい。

この馬のデビューから3戦の成績と位置取りを書くと、


4月26日新潟芝2000…10着 14⇒14⇒12⇒14 
5月8日東京芝1800…2着 5⇒3⇒3
7月3日中山芝2000…1着 1⇒1⇒1⇒1


この並びがポイント。つまり、叩いて着順が上昇し、距離延長で頭に来ているという点。


父スペシャルウィークということで斬れるというか、持続力のある脚。デビュー戦はついていけなかったけど、2戦目からは前前で競馬して結果を出してる。

母父がブライアンズタイムということで、叩けば叩くほど上昇していくタイプ。距離延長で上昇するのがブライアンズタイムの特色。それは菊花賞のビートブラックに通じる。

母母父インザウイングスということもあり、このシルクレイノルズのタイプは、小回りで淀みない流れをスタミナを生かして前前で押し切る、そんな感じでしょう。


そしてここで注目したいのが、シルクレイノルズが意外と良血だということ。

母母がバブルウイングス。ショウナンパントルのお母さんですね。つまりシルクレイノルズはショウナンパントルの甥っ子。

母母母はバブルプロスペクター。マニックサンデー、ザッツザプレンティのお母さん。つまり母マニックサンデーのエポワスとは親戚にあたる。ハブルバブルも遠縁にあたる。

母母母母はバブルカンパニー。天皇賞馬バブルガムフェローと、インヴァソールを出した種牡馬キャンディストライプス兄弟の母。


バブルカンパニー一族は切れ味というよりも持続力で勝負する一族。東京の2000m重賞のように、持続力が生きるコースで強い。それはバブルガムフェローやマニックサンデーが典型例。バブルカンパニーの父がリファールということもあり、先行してこそ良さが出る。それはレイノルズのここ最近の戦績に出てる。

エポワスの場合父ファルブラヴの影響が出ているように、この母系は父の影響を受けやすい。ファルブラヴだったらマイラー、サンデーサイレンスなら中距離型、ダンスインザダークならザッツのようなステイヤー。

バブルカンパニー一族に、父サンデーで母父ニジンスキー系の種馬をつけた、という点で、ザッツザプレンティとシルクレイノルズは血統構成がよく似ていると言える。


いやいや、ダンスじゃねぇ分菊花賞じゃ足りねえべ…

って話にはなると思う。


ただ、シルクレイノルズにはザッツザプレンティにはない血を持ってる。

それが、母父のブライアンズタイム。

ザッツがダンスの重さを母父ミスワキで中和したタイプだったのに対し、レイノルズはインザウイングスにブライアンズタイムを重ねて、そこにダンスよりは少し軽いスペシャルを付けた。


インザウイングスはサドラー直仔。日本で成功しない重いタイプ。ちょっと軽さがない分G1では足りないかもしれない。

ただ、母父ブライアンズタイムで距離延長への対応力が増した。しかもブライアンズタイムは母父グロースタークでリボーを持ってる。大レース向きの爆発力がある。

まあリボーを入れたことでより重厚な血になってるけど、スピードに対応できない代わりに、スイッチが入ったらポンポン出世が可能。

ただ、条件戦で緩いペースになると、先行しても斬れ負けて2、3着が多くなりそう。得意な条件は淀みないペースで流れる小回りの2000から2600が良さそう。相当なステイヤーになる可能性も捨てきれない。


結論。得意条件は小回り。東京では2着以下掲示板上が多そう。前に行ってこそのタイプ。距離延長のほうがいい。スタミナが豊富過ぎて条件戦では勝ち切れないこともある。中山2200は相当できそう。菊花賞に間に合えば楽しみはあるが、天皇賞ではさすがに斬れ味が足りない。どちらかというとステイヤーズステークス、日経賞向き。本格化は来年。


可能性のある500万条件馬だと思う。これからも追いかけて損はない。


さて、第11回は、先週京都で500万条件を勝ったオーシャンブルー。よく分かるドイツ血統で獲れる馬券ということで取り上げてみたい。取り上げる馬、500万とか1000万の馬ばっかだな…
posted by ふみお。 at 03:11| Comment(2) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

第9回…クリーン


現役馬を取り上げたのは、今回で6頭目。6頭目にして、初めてのオープン馬。オープン馬より、500万の馬取り上げるほうが速かったw

そんな感じの6頭目、世間ではただのデブ、メタボ、という認識でしょう。でも彼、世界的な良血なんです。母はアイルランドダービー馬の妹、父はイタリアダービー馬、近親にG1馬どっさり。

ええ、良家のおぼっちゃんですね。それが第9回のネタ



クリーン(父ホワイトマズル、母モザーティアナ、母父ニジンスキー、母母父バックパサー)


602キロで勝利したJRA記録保持馬。最近はゲートにギリ入るかっていうサイズに。記念すべきゲートに入れない馬1号になるかもね。

世間のクリーンのイメージは、『デブ』で間違いないでしょう。

でも、クリーンは世界的名門の出。世界でも5本の指に入るBest in Showの一族出身の超エリートw日本での扱いはデブキャラだけど、海外でこの血統表見せたら種牡馬入りのオファーまである。たぶん。



とりあえずBest in Showの一族にあたる馬を書いていきたい。()内はクリーンから見てごく近親にあたる馬との関係。


・トライマイベスト…ヨーロッパ2歳チャンピオン、名種牡馬(伯父)
・エルグランセニョール…愛ダービー馬、ロドリゴデトリアーノの父(伯父)
・Castle Gandolfo…G1レーシングポストT2着、種牡馬(いとこ)
・フサイチパンドラ…エリザベス女王杯馬(いとこ)
・ジャジル…G1ベルモントステークス勝ち馬、種牡馬
・ラグストゥリッチズ…G1ベルモントステークス、ケンタッキーオークス勝ち馬
・カジノドライヴ…G2ピーターパンステークス勝ち馬、種牡馬
・スピニングワールド…G1ジャックルマロワ賞連覇など、G1を5勝、種牡馬
・デノン…アメリカG1を4勝、種牡馬
・チャイムズオヴフリーダム…G1コロネーションステークス勝ち馬
・アヴァイアンス…G1フィーニクスステークス勝ち馬

他…ベストアルバム、トーホウシデン、ダンディズム、アンハートフェストetc…


とりあえず挙げるとこのあたり。Best in Showの一族は、セックスアピールからの牝系、ジャジルとかの牝系、スピニングワールドの牝系、アヴァイアンスからデノンなどの牝系などで、世界中でG1馬を輩出している。

クリーンはBest in Show直仔セックスアピールの牝系。同族にトライマイベスト、エルグランセニョール、フサイチパンドラ。超良血ですな。


トライマイベスト、エルグランセニョールの妹に、イタリアダービー勝ってキングジョージ2着のホワイトマズルを付けて誕生したのが、クリーン。


ただのデブではないね。簡単に例えれば、父が財閥の出で、母が皇族の血を引く、大会社の孫娘みたいな感じか。何不自由なく成長してメタボになりましたって感じ?

そんな良血馬が小田切に買われてオダギラーの一員に。馬の一生もどうなるかわからんね。


セックスアピールの牝系の特徴は、Best in Showの一族の中でもスタミナ、硬さ、底力を伝える。スピニングワールドの牝系とは逆やね。

原因はセックスアピールの父がバックパサーという点だと思う。バックパサーの硬さをニジンスキーの柔らかさで中和してたんだけど、その牝馬にホワイトマズルを付けた分、スピード<スタミナになって、日本ではダートしか走れなくなってしまったんだと思う。

事実、母モザーティアナで成功したのはクリーンくらい。日本ではスピード不足なんだろうな。クリーンもダート中距離で上がりが掛かるほうが好走してるし。


モザーティアナと似たような性質に出てるのが、モザーティアナの妹であるロッタレース。父ヌレイエフで硬さのほうが強調されてしまった。その分牡馬に大物が出なかったけど、サンデーサイレンスを付けて牝馬に出た分、フサイチパンドラという大物が出た。ロッタレースの仔は、父サンデー以外でまだ活躍馬は出てない。

ということは、フサイチパンドラの仔も、パワータイプの種牡馬付けたら活躍しないということが分かる。今年の2歳も、来年の2歳も、フサイチパンドラの仔は父シンボリクリスエスなんですねwつまり厳しいということです。POGで指名したみなさん、来年は指名を見送ったほうがいいと思われます。ダートしか走りません。


モザーティアナも高齢で、繁殖牝馬として引退した可能性が高い。クリーン自身も7歳。もう伸び代は少ない。

ただ、今は夏。夏のローカルのダート1700なら動いてくる。マクってどこまで。逆にここで動けなかったら、もう厳しいんだと思う。高齢まで動く母系だし、まだ諦める歳じゃないはずだが…


そんな感じ。結論。ダートしか走れない。クリーン自体は体が絞れる夏のほうが走る。高齢になっても走るが、パワーがありすぎて、ダートの中距離がベスト。近親の馬も、スピードタイプの種馬付けないと、活躍馬は出てこないはず。芝を走るのは至難の業


次回、第10回は、先週やっと未勝利を脱出したシルクレイノルズを取り上げたい。次にオープン馬を取り上げるのはいつになるんだろうか…
posted by ふみお。 at 03:17| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

第8回…種牡馬カジノドライヴの憂鬱


3回連続で書いたドイツ血統特集もとりま小休止。さあ次何取り上げようか、と考えてたら飛び込んできた、カジノドライヴ引退の報。

これだ。


ということで、彼の種牡馬入りを記念し、エーピーインディが嫌いな俺が、エーピーインディ系について書きたい。



カジノドライヴ(父マインシャフト、母ベターザンオナー、母父デピュティミニスター、母母父ブラッシンググルーム)


半兄にベルモントステークスを勝ったジャジル、半姉が牝馬ながらベルモントステークスを制した怪物牝馬ラグストゥリッチズ。半弟にBCマラソンを勝ったマンオブアイロン。超良血ってやつですね、いわゆる。

マインシャフトはエーピーインディ直仔で、アメリカG1を4勝。古馬になって開花した馬。


とりあえず、カジノドライヴの種牡馬入りの問題点を列挙していこう。


1.エーピーインディは時代遅れ
2.父母父にミスタープロスペクター
3.母父デピュティミニスター
4.母母父ブラッシンググルーム
5.父の母系の奥にリボー


1に関しては、1人1人考えは違うかもしれない。ただ、俺はエーピーインディ系が嫌い。鹿がよく生まれるっていうのもある。
エーピーインディは、バックパサーやボールドルーラーの入った母系にシアトルスルー。アメリカダート血統の凝縮。
最近だと父スティーヴンガットイーヴンのコスモファントム、父タピットのテスタマッタがいるけど、いかにもダート馬になる血統背景と、高速化したダートの時に役に立つくらいで需要が無い。
昔だとシンボリインディを出してるけど、もう芝馬は出せないでしょう。日本はサンデーの帝国になった。


2.は1と関連させて考えると、アメリカ血統だらけのエーピーインディにミスプロ入れたら、当然体が硬くなってダートしか走れなくなる。しかもミスプロクロスが近いところでできる分、配合が限られる。サンデー牝馬を付けても、たぶん主戦場はダート。


3.デピュティミニスター自体は日本にマッチしてる。ただ、クロフネとかカネヒキリを見て分かるように、パワー優先のタイプ。そんな種牡馬を父に持つ繁殖牝馬をマインシャフトに付けたら、そりゃダート馬になるのは当然。


4.母母父という割と近いところにいるブラッシンググルームのおかげで、産駒の当たり外れは相当大きいはず。セクレタリアトやナスルーラの血を考えても、難しい気性の仔が多いぜたぶん。しかも母父サンデーなんかの馬付けたら…気性が荒過ぎてせん馬大量発生までありえる。


5.リボー特有の鈍重さを消せてるとは思えない。スピード不足。芝に対応できるはずがないかと。



という感じでしょうね。体さばきが硬い馬が多そう。いくら社台グループがバックアップするからといって、そんなには肩入れしないはず。しても意味がない。サンデー牝馬付けるならもっち他の種馬いるでしょうよ。



早めの結論。とにかくアメリカ血統の凝縮体。産駒もダートしか走れない仔ばかり出てくるはず。気性が難しいし、産駒は走らない産駒がかなり出てきそう。スピードは基本的に足りない仔が多いけど、湿り気のあるダートで先行して、というのが好走パターンになるはず。



で、もうひとつ。

このカジノドライヴの牝系は、アメリカというか、世界でも超名門で通っている、Best in Showの牝系にあたる。トライマイベストやエルグランセニョール、フサイチパンドラを輩出している牝系。そういう意味も込めて、カジノドライヴは超良血馬。ただ、どちらかというと、繁殖牝馬となった半姉ラグストゥリッチズのほうが、繁殖として有望だと思う。

エーピーインディは母系に入ればいい仕事する。ラグストゥリッチズは今年、キングマンボ産駒の名マイラー、ヘンリーザナヴィゲーターの仔を持ってるらしく。この母系にキングマンボをいれてきましたよ。これはどういうタイプに成長するか、ちょっと楽しみな仔。




そんな感じの第8回。第9回は、ただのデブじゃないことを証明したいということで、クリーンでいきましょうか。
posted by ふみお。 at 23:34| Comment(0) | 種牡馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。