2011年12月01日

第16回…ウオッカ


ジョーカプチーノをやる予定でしたが、お問い合わせもあるしJCあったということもあり、第16回はウオッカをやろうかなと。

久々に書くけど、日本馬でウオッカクラスのメジャーな馬やってないもんだから、逆に内容薄そうw

まあのんびり書きますかね。



第16回ウオッカ(父タニノギムレット、母タニノシスター、母父ルション、母母父トウショウボーイ)



俺ね、ダイワスカーレットのほうが強いと思ってるから正直ウオッカが最強っていうのには違和感しか感じないのよ。

ただ、ウオッカは肝心な時に勝つ、それがウオッカの血統を紐解く上でポイントになってくるんじゃないかなと。


ウオッカの血統の特徴は、ずばり戦績によく表れてると思う。

黄菊賞2着⇒阪神ジュベナイルF1着
桜花賞2着⇒ダービー1着
ヴィクトリアマイル2着⇒安田記念1着
毎日王冠2着⇒天皇賞秋1着

つまりそういうことかと。ペースが緩む⇒へぐる⇒ペースがきつくなる⇒爆発する。ちょっとダンスっぽいね。


その原因が父タニノギムレットなんだと思う。タニノギムレットはブライアンズタイム(ロベルト×リボー)×クリスタルパレス×シーバード×グロースターク(リボー)。

このブログでは取り上げてるけど、重いね。リボークロスを持ってるロベルト。それにフランスダービー馬クリスタルパレス、そこに凱旋門賞馬シーバード。単体だけだと底力の塊みたいな血統。そりゃタニノギムレットダービー馬になりますわ。

逆に種牡馬入りしてからは大物と小物の差が大きい。勝ち上がり率も高くない。それはタニノギムレットの血統の重さから来てる。鈍重な血統はそんなもんだ。逆に言えば、配合がハマれば大物が出せるということ。


その鈍重さを解消するためにはある程度のスピードが必要。ただ、スピードだけじゃダメなんだわ。上質なスピードにそれを持続できる力、キレを伝えてやらないと開花しないし、鈍重な種牡馬を活かすには母系もある程度の底力ある配合じゃないとダメなわけで。


他のタニノギムレット産駒である程度活躍してる馬は母父サンデーという事実がそれを物語ってる。
いい例がスマイルジャックで、スマイルジャックは母の配合がサンデー×マルゼンスキー×セントクレスピンとスペシャルウィークと一緒。スピード、スタミナ、底力の面で優れた配合の母に付けてああなった。


タニノギムレット産駒はロベルトっぽさもあるけど、グレイソヴリンが強く出てて。スパッと斬れるというか、持続力ある末脚。それは母父がグレイソヴリン系クリスタルパレスだから。トニービンっぽさがある。だからこそ中山下手の直線長いコース向きだったわけで。

グレイソヴリンは淀みない流れに強いし、ロベルトは距離延長を苦にしない。JCを勝てたのはそういうことだと思うし、実際この年のJCは例年より流れが速かった。あの年のJCがスローペースだったら、ウオッカはたぶん勝てなかっただろうし、馬券になってなかったと思う。

だから小回りばかりだった昔の競馬ではこんな配合だと走らんわけで、ウオッカは今の時代にマッチした馬だったということになる。



ウオッカに関しては、母父がルション。ルションはマイラーだったけど、父としてメルボルンカップを勝ったヴィンテージクロップを出してるように、ステイヤーも出せる潜在的スタミナを持ったマイラー。

母タニノシスターは短距離馬だったけど、母が短距離馬だからって子も短距離馬だとは限らないわけで。


母系をたどると、いわゆる『小岩井牝系』にあたる。小岩井牧場が明治時代に輸入した20頭の繁殖牝馬のうちの1頭、フロリースカップの子孫にあたるのがウオッカ。フロリースカップの曾孫であるシラオキから派生したシラオキ系は、日本で数々の名馬を送り出してる。

シラオキ系の名馬はスペシャルウィーク、マチカネフクキタル、シヨノロマン、サンエイソロン、シーイズトウショウ、テイエムドラゴンなど。

スペシャルウィークやマチカネフクキタルが出てるように、潜在的なスタミナがある。だからこそルションと掛けて短距離馬が出ようが、その血統に潜在的に入ってるスタミナは失われず、その仔に引き継がれるというパターンだと思われるね。父タニノギムレットだったらそのスタミナ面でのプラスが出るだろうし。これが父バクシンオーとかだったら素直に短距離になってたと思う。


ウオッカの祖母であり、タニノシスターの母であるエナジートウショウの血統はなかなかロマンを感じさせるね。トウショウ牧場の至宝ソシアルバターフライの仔トウショウボーイを父に持ち、母はシラオキ系の流れを汲むコーニストウショウ。

タニノシーバードやソシアルバターフライ、シラオキと、日本の競馬を作ってきた名牝に、ブライアンズタイムというリボーを持った名種牡馬を掛け合わせてできたタニノギムレット。


たぶん、ウオッカは配合段階で狙って付けられたんだと思う。タニノギムレットを生産したカントリー牧場は、タニノギムレットが種牡馬として重厚すぎる血を持っていることが弱点だということを知っていたはず。それを活かすにはスピード面が強調されているタニノシスターを付ければ、うまくハマれば母系の底力も一緒に開花するんじゃないかと。

ただ、ハマるかハマらないかはもう運よね。ウオッカの半妹とか全妹とか全然ダメなのも納得。下地が整ってるからみんな走るってんだったら競馬は簡単。だから競馬は面白いわけで。


ウオッカは繁殖入りしてシーザスターズ付けてるけど、日本でデビューさせるんでしょう?
どう考えても重い。ケープクロス(ダンジグ系)×ミスワキなら日本向きの仔も出せるんだろうけど、母がタニノギムレットでは、サンデー系が入ってないとスピード不足か切れ味不足。少なくとも俺はPOGでこんなのは指名しないね。

日本に帰ってきて繁殖生活送るみたいだけど、今の日本でウオッカを活かすのはなかなか難しいなぁ…グレイソヴリンクロスを作っちゃいけないから、ハーツクライはダメだし。ディープだとリファールの分で先行脚質になるだろうし。

キンカメが一番いいんだろうけど、キングマンボは繁殖でポカあるから、当たり外れは大きい。キンカメ×サンデーの種馬が出てきたら、それに付けるのがベストだと思う。


そんな感じで結論…繁殖として血統的に打率低いけど飛距離は大きいタイプ。ただストライクゾーンが狭すぎるからそれをどう生かすか。今のままなら産駒は大して走らない


ということで次回は…ジョーカプチーノやるかなぁ。なんでもいいんだけど…ちょっとメジャー過ぎる気もする。
posted by ふみお。 at 04:36| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。