2011年07月19日

第13回…フレールジャック


今まで取り上げたオープン馬はクリーン1頭だけ。

さすがにこれだとマズイな、ということで、まともなオープン馬をやろうと思う。

ディープインパクト産駒は良血揃いだけど、その中でもかなりの上物、世界的な良血。

そんな馬について考えていきたいと思う。


フレールジャック(父ディープインパクト、母ハルーワソング、母父ヌレイエフ、母母父ブラッシンググルーム)


今年のディープ牡馬の活躍馬で、世界的良血と言えば、ダノンバラードか、このフレールジャックだと思う。ダノンバラードやってもいいけど、アンブライドルドだと話が更に長くなる気がするから、フレールジャックでいきたい。


フレールジャックはここまで3戦3勝。すべて1800。直線の短い中山でどうかと思ったけど、楽に突き抜けた。条件戦からオープンと連勝した馬は初めてだし、外枠で勝った480キロ未満のディープ。色々ジンクス破ったな。


母ハルーワソングは、初仔ハルーワスウィートが5勝。その後の産駒は体質が弱くて走る馬が出なかったけど、ここにきてやっと真打ちを出した感。

ハルーワソングは未出走馬。ただし、母Morn of Songが超良血。つまりフレールジャックのおばあちゃんね。


Morn of Songの母は、Glorious Song。息子に、メイセイオペラを出した種牡馬グランドオペラ、大種牡馬ラーイ、ドバイワールドカップを勝ったシングスピール。

Glorious Songの兄弟に、タイキシャトルを出したデヴィルズバッグ、名種牡馬セイントバラード、ダノンバラードやフサイチセブンなどの活躍馬を出し続けているAngelic Song。


つまり、フレールジャックは、お母さんがラーイやシングスピールの姪、デヴィルズバッグとセイントバラードのいとこということになる。

この一族を輩出してるのが、世界的名牝バラード。バラード牝系にディープを付けたということで、ダノンバラードとフレールジャックは一緒。


ならフレールジャックとダノンバラードの違いは?ってことになるけど、ダノンバラードはバラードにヘイロー付けて、そこにミスプロ系アンブライドルドを付けて、そこにディープ。
フレールジャックはバラードにヘイロー付けたまでは一緒だけど、そこにブラッシンググルームを付けて、更にノーザンダンサー系ヌレイエフを付けたところに、ディープ。


どちらかと言うとダノンバラードのほうがダート的なにおいを感じる。

フレールジャックの場合、ヘイロー牝馬にブラッシンググルームを付けて重厚感を加えた後、ヌレイエフの硬めのスピードを足した牝馬にディープ。

ハルーワソングはブラッシンググルームを付けた分産駒の当たり外れが大きそうだけど、当たれば飛距離は大きい。ブラッシンググルームにヌレイエフだから先行型に出てもおかしくないけど、それを控えて斬れる型に出すのがディープインパクトの凄さだと思う。

バラード系は4歳になって本格化する馬が多いし、この馬も本格化は来年のはず。


ただ、バラード系はデヴィルズバッグとかが出てるように、良質のスピードを伝える。フレールジャック自身、ヘイローの3×4を持っているようにスピード>スタミナなのは間違いないはず。

さすがにマキャベリアン牝馬のハルーワスウィートほどの短距離型とは言わないけど、適距離は1600から2000あたりが守備範囲なのは間違いないはず。


1400独自のペースは合いそうもないけど、直線の長いコースの1600あたりが一番いいはず。

次走は神戸新聞杯みたいだけど、どう考えても長い。2400だと引っ掛かる気がしてならない。まず京都3000では買えんな。


結論。たぶん適距離はマイルから2000。ノーザンダンサーのクロスや母父ヌレイエフから、道悪は相当できるはず。ヘイロークロスを持ったバラード系だし、距離が持たないのは大体想像できる。本格化は来年、4歳から。高速決着には耐えられるタイプで、直線の坂は不問。直線が長いほうが良さそうといった感じですかね。



余談。ダノンバラード、フレールジャックは、バラード系の良質なスピードでヘイロークロスができるからこそ、ディープインパクト産駒の中でも軽さが強調されて走るんだと思う。

ちょっとPOGのお話。


今年もバラード系にディープを付けた2歳馬が3頭いる。
ダノンバラードの全弟もいる。ただ、アンブライドルドが出過ぎてる感。
母ファミリーバイブルっていう、どちらかというとダノンバラードに近い女の子がいるけど、母父サドラーでちょっと重い。

母ハルーワスウィート、つまりフレールジャックの姉の仔でヴィルシーナっていう女の子がいるけど、これはいいマイラーになりそう。ブラッシンググルームがどう出るか分からないけど、すでに入厩済み。
ただ、馬主が佐々木主浩なんだよなぁ…そこがネック。

この時期に入厩できるハルーワソング一族の牝だし、ある程度は走ってくれるとは思うんだけど。




さて、次回、第14回はちょっとアメリカ血統を。素質はあるだろうけど、騎手と血統がネック?ということで、ユーディドイットでいきましょうかね。また500万条件馬か…
posted by ふみお。 at 02:55| Comment(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。